トランスファープレス加工、絞り加工、USBタイプC絞り部品開発 - 株式会社レオテック

会社概要

代表取締役 山越恭子 ごあいさつ
 IT革命といわれる昨今、工場は人件費の安い東南アジア方面へと移転、国内生産の空洞化がきびしい局面に経っている現状の中、より経費を抑え、効率のよい低廉な部品の製造が求められています。
 当社はわずか数名の自称少数精鋭の社内工場と、協力工場、提携工場におきまして、国内生産を地道に行っています。
 社内設備は10台のトランスファープレスが精密金属プレス絞り加工を行っています。金型は社内設計で、開発から製作まで自社製造です。昨年までは部品単体の受注でしたが、21世紀はユニットでの製造も視野に入れ、受注活動を展開いたします。主力は金属プレス加工で、各種部品の金型製作から、試作・量産まで受注しています。創設32年目を迎え、21世紀は無限の可能性へのチャレンジの世紀として位置づけ、社員一同あらゆる分野にチャレンジする所存です。
代表取締役 山越恭子  奉仕活動 国際ソロプチミスト会員

開発工場:
〒213-0031 神奈川県川崎市高津区宇奈根751-3
本部事務所:
〒211-0051 神奈川県川崎市中原区宮内2-5-12
電話:
044-822-3258
FAX:
044-822-3216
EMAIL:
資本金:
11,000,000円
取締役(開発担当):
山越安雄
 
沿革  
昭和61年4月
株式会社レオテックを設立
昭和63年8月
水晶振動子のサポート溶接開始
昭和64年3月
プレス部品の設計製作受注の開始
平成2年1月
プラスチック部品の受注の開始
平成3年6月
資本金を1,100万円に増資
平成12年5月
社内工場の新設
↑TOP